殺菌・消毒・消臭の強酸性電解水(次亜塩素酸水)| エースライフ エースライフでは、強酸性電解水生成機器B.B.LIZERから生成される 殺菌・消毒液の強酸性水を主に扱っております。 最高の次亜塩素酸水といえる強酸性水は威力が次亜塩素酸+OHラジカルで高く 使用後の塩素分解スピードも次亜塩素酸水の中でもっとも早い事から 安全性も高い、21世紀のサステナブルな消毒液です。 新型ウイルス・抗生物質耐性菌にも有効で、 耐性が無いため菌が進化する心配もありません。 また、キッチン・トイレ・ペット・介護用品などの除菌・消臭や、 アトピー・敏感肌の方への消毒、うがいにも使用可能です。

残留農薬はどうやって落とす?正しい落とし方を紹介

農薬

農薬どうやって落とす?

この記事を読むための時間:3分

健康に気を遣っているご家庭では、野菜についている残留農薬を気にされることもあるのではないでしょうか?しかし、無農薬野菜は普通の野菜よりも値段が高いですし、毎日買うのは大変ですよね。そこでこの記事では、スーパーで簡単に手に入るような野菜でも残留農薬を落とし、安心して食べられる方法をご紹介します。

農薬の危険性は?

農薬は危険という漠然としたイメージがありますが、実際の危険性としてはどのようなものがあるのでしょうか?農薬が体内に入ることで身体に悪影響を及ぼすものをいくつかまとめてみましたので実際に確認していきましょう。

神経系に影響

農薬は、神経系に影響を及ぼし、めまいや吐き気などの神経障害から、重い症状だとパーキンソン病やアルツハイマー病など様々な症状に発展すると言われており、また大量の残留農薬が体内に入ると、遺伝子そのものに損傷を与えてしまう可能性があるとも言われています。

子供に影響

小さい子どもの脳や神経は発達の途中で、神経毒性のある農薬の影響を特に受けやすいことが懸念されています。知的発達障害や注意欠如多動性障害(ADHD)などを引き起こす可能性が高いとされるなど、子供の成長にも影響してしまいます。

妊婦さんは避けるべき

胎児に影響があるという研究結果もあるようなので、農薬が体内に入るとお腹の子どもが白血病にかかるリスクが通常よりも高くなったり、自閉症の発症率が高くなることも示唆されており、場合によっては流産の確率が高くなるなどの可能性も指摘されているので、妊娠中は特に気をつける必要があると言えます。

農薬の正しい落とし方

それでは、普段食べている野菜に付いている残留農薬を落とすにはどうすれば良いのでしょうか?ここからは、おすすめの農薬の落とし方を紹介します。

流水で洗う

流水で洗う方法は一番手っ取り早く、コストもかからない一般的な残留農薬の落とし方です。ただ、ささっと洗うだけでは残留農薬は取りきれませんので、最低でも30秒はかけて丁寧に洗い流しましょう。ほうれん草などの葉っぱ物の野菜は農薬が残りやすいため、一枚づつしっかりと洗い流し、五分ほど水を流しながらつけておくと安心です。またキャベツやレタス、白菜などの野菜は、一番外の部分に残留農薬が多くなりやすいので捨ててから流水で洗いましょう。

専用洗剤で洗う

野菜の残留農薬を落とすための専用洗剤で洗うのも一つの手段です。専用洗剤がない時代は食器用洗剤で洗うこともあったようですが、万が一洗剤が残っていた場合、余計に身体に悪いですよね。専用洗剤なら、水で洗うより農薬がよく落ち、もし洗剤の流し残しがあった場合にも人体に影響が無いように作られているため安心感があります。一般的な流水で洗うことと比較すると、専用洗剤を購入しなければいけないのでコストはかかりますが、徹底的に残留農薬を無くしたいと言う人にはおすすめです。

食用重曹で洗う

食用重曹で洗う方法も安心感のある落とし方です。やり方は、小さじ1杯ほどの重曹を溶かした水に、野菜を30秒ほどつけておき、その後流水で流します。その際の注意点をひとつ挙げると、長くつけすぎると、ビタミンなど野菜の栄養まで溶けて流れてしまう可能性があるので、つける時間には気を付けましょう。流水で洗い流すよりは若干手間がかかりますが、重曹自体100円ショップなどで買える位手軽な値段ですし、安心して使うことができます。

酢水で洗う

続いては、酢水で洗う方法です。お酢は多くの料理に入れますし、身体に良いと言われている物なので、安心して使うことができますね。 酢と水を1:3の割合で薄めて、その酢水で洗ってから流水ですすぐだけのとても簡単な落とし方です。お酢には殺菌や防腐効果があり、お酢を希釈して洗浄液として使う場合もある位、抗菌作用が優れています。また、食中毒を予防するのにもおすすめですよ。

強アルカリ電解水で洗う

強アルカリ電解水とは、水を電気分解して作られたもので、化学薬品や界面活性剤などを使用していないので、薬剤の残留や泡立ちの心配もなく、安心して使えます。当社でも農薬落とし専用として開発した野菜の洗浄水があります。強アルカリ電解水の野菜の洗浄水吹きかけ擦って揉んだ後、水洗いをするだけで気になる農薬や防腐剤などをきちんと落とすことができます。また強アルカリ電解水の粒子は細かいため、浸透しやすく、汚れの下に入り込んで、汚れを浮かしてくれます。油にも強く、リンゴのワックスなどもするっと落としてくれます。使用後は野菜や果物だけではなく、煮魚や鶏肉も身が引き締まり本来の旨味が際立ちます。これは表面に付着している農薬を落とすだけではなく、マイナスイオンが食材に良い影響を与え、さらに腐敗菌も除菌できるので鮮度が保たれる事が考えられています。

正しく農薬を洗い流そう

いかがでしたか? 農薬は作物を大きくしたり、害虫からも守ってくれる優れものですが、体内に入ると悪影響を及ぼしてしまうものでもあります。正しい方法でしっかりと残留農薬を洗い流し、安心して食事ができるように心掛け、 安全な食材を使って、健やかな生活を送りましょう。

関連情報

殺菌・消毒・消臭の強酸性電解水
(次亜塩素酸水) | エースライフ

殺菌・消毒・消臭の強酸性電解水(次亜塩素酸水)| エースライフ

エースライフでは、殺菌・消毒・消臭効果が期待できる強酸性電解水(次亜塩素酸水)を取り
扱っております。安全性が非常に高く無害な消毒液で、新型ウイルス・抗生物質耐性菌にも
有効の可能性が高く、耐性が無いため菌が進化する心配もありません。また、キッチン・トイレ・ペット・
介護用品などの除菌・消臭や、アトピー・敏感肌の方への消毒、マウスウォッシュにも使用可能です。

屋号 株式会社エースライフ
住所 〒194-0032
東京都町田市本町田1383-3
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜日
Web担当者名 山田健太郎(ヤマダケンタロウ)
E-mail info@ace-life.co.jp

コメントは受け付けていません。

殺菌・消毒・消臭の強酸性電解水(次亜塩素酸水)| エースライフ エースライフでは、強酸性電解水生成機器B.B.LIZERから生成される 殺菌・消毒液の強酸性水を主に扱っております。 最高の次亜塩素酸水といえる強酸性水は威力が次亜塩素酸+OHラジカルで高く 使用後の塩素分解スピードも次亜塩素酸水の中でもっとも早い事から 安全性も高い、21世紀のサステナブルな消毒液です。 新型ウイルス・抗生物質耐性菌にも有効で、 耐性が無いため菌が進化する心配もありません。 また、キッチン・トイレ・ペット・介護用品などの除菌・消臭や、 アトピー・敏感肌の方への消毒、うがいにも使用可能です。

<本社所在地>
〒194-0032 
東京都町田市本町田1383-3

042-814-2022